ホテルに戻り大浴場で温泉に浸かってから、旅の主目的である夕食に出かけよう。昼から通し営業をしているkophに着くと、りっちゃんと相棒の「みーちゃん」がきびきびと働いていた。2人とも愛される人柄で、同じ商店街の先輩たちからあれこれとお世話してもらっているようだ。

 この日はヨガ教室の先生が店に遊びに来た。りっちゃんによれば、毎日のようにおにぎりを差し入れてくれるらしい。なんだか僕も嬉しくなり、持参した自作のフリーペーパー「蒲郡偏愛地図」をそのお姉さまに渡した。りっちゃんに優しくしてくれてありがとう。蒲郡に来てくれたらフル接待します!

良好な夫婦関係のために、仕事を優先すべき時もある

 「最初は泡でいいですか?」

 僕たちと同じカウンター席でスパークリングワインを勧めてくれるのは、りっちゃんの旦那さん。口数は少ないけれど、心は熱くて飲食好きなカッコいい男性だ。前回のkoph訪問時も一緒に飲んだ。彼は東京で会社員をしていて、お休みのたびに甲府に通ってくるらしい。ラブラブな週末婚である。

 我が家も平日の半分ぐらいは僕が単身で東京に滞在している。夫婦関係を良好に維持するためにも、仕事を優先しなくちゃいけない時期もあると思う。働けるうちに、それぞれの現場で精一杯の力を尽くそうよ。少しずつお金を貯めておき、働けなくなったら夫婦で高級老人ホームに入るのもいいかもしれない。

甲府駅近くの商店街でりっちゃん(カウンター内手前)とみーちゃんが営むkophにて。※カウンター席の男性客はりっちゃんの旦那さんではありません