日経xwoman

一人で不安な夜、一之輔さんの落語を聴いて安心できた

桜に祭、怪談や雨など、季節を映す噺が多い落語の世界。「落語は季節の先取りなので、寄席で『長屋の花見』などがかかりだすと『そろそろ桜が咲く頃だなあ』と感じます。一年を通じて、季節の移ろいを意識するようになりましたね」
閉じる