日経xwoman

一人で不安な夜、一之輔さんの落語を聴いて安心できた

寄席は落語以外にもさまざまな芸能が楽しめるのが魅力。これは鈴本演芸場で紙切りの林家正楽さんに切ってもらった作品。「客席からの注文に即興で応えてくれるのですが、あちこちから声が上がるため、気の利いたことを言わないと選んでもらえません。そのとき上野の美術館に展示されていた『風神雷神!』と、頑張って叫びました」
閉じる