責任ある立場のARIA世代は現場の中心にいるからこそ、部下や後輩、同期や上司、ママ友…に常に見られています。なのに、イマイチ決まらないメイクや増えていく白髪、ラインが崩れつつある後ろ姿に気づいた途端、失速してしまった経験はない? 自信回復につながる「美」のアップデート法を一挙紹介します。

職場で見られる自分に自信がつく 美の3大アップデート

 ARIA世代の美容の最大の悩みは「白髪」だ。「数本、白髪を見つけた」という人から、「2週間に1回染めないと気になって仕方がない」という人まで、程度の差はあれど、鏡をのぞいた時に白く光る1~2本で一気に気分が落ちた経験は誰しもあるのではないだろうか。

 「白髪は『サロン染め』がベスト 失敗しないオーダー方法」で「白髪は若返るチャンスなんです」と心強い言葉を贈ってくれたヘアライター&エディターの佐藤友美さんによると、白髪は染めるだけでなく、ヘアのデザインによって解決することも可能だそう。白髪対策になるヘアデザインとは、いったいどんなものなのか?

35歳を過ぎたら前髪をつくる

 「白髪が生える場所は人それぞれですが、多いのは顔まわりや生え際です。そのため、白髪が気になり始めた人には、前髪をつくることをすすめています。前髪があると、顔まわりや生え際は隠れるので、白髪が出てきても目立ちにくいのです」

前髪があると生え際の白髪は見えなくなる

 確かに、人目に触れることが多い顔まわりに白髪があると、「白髪が多い人」という印象を持たれがち。さらに、年齢を重ねると顔の重心は下がりがちだが、前髪をつくることで視線を持ち上げることができる。

 さらに佐藤さんは、前髪をつくる以外にも、白髪を目立たなくする他の方法があるという。