責任ある立場のARIA世代は現場の中心にいるからこそ、部下や後輩、同期や上司、ママ友…に常に見られています。なのに、イマイチ決まらないメイクや増えていく白髪、ラインが崩れつつある後ろ姿に気づいた途端、失速してしまった経験はない? 自信回復につながる「美」のアップデート法を一挙紹介します。

職場で見られる自分に自信がつく 美の3大アップデート

 自分のメイク、時の流れとともにアップデートしていますか? 社会人のキャリアが長いARIA世代は、自分なりのお仕事メイクの“最適解”を持っている人が多いもの。しかし、年を重ねていくうちにこれまでのメイクでは悩みをカバーし切れなくなったり、若い頃に覚えたままのメイクを続けて「古い顔」になっていたり……。

 「客観的に見ると、“これで良し”という思い込みによる自己流メイクのせいでマイナスの印象を与えているケースが少なくないのです」と話すのは、ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさん。メイクレッスンや著書が、メイク迷子になっている女性たちに大人気です。

自称ナチュラルの“手抜きメイク” 昔覚えたままの“やり過ぎメイク”

 特に、人前に出る機会の多い管理職ARIAが気を付けたいのは、「 ナチュラルを自称する“手抜きメイク”と、若い頃に覚えたテクニックそのままの“やり過ぎメイク”。前者はぼんやりした印象を、後者は少し怖い印象を与えがちです」(長井さん)

 典型的な例を見てみましょう。まずは、下の2枚の写真を見比べてみて。モデルはもちろん、服もアクセサリーもすべて同じです。

左 こんな“やり過ぎ”メイクになってない? 右 これが管理職メイクの正解!
(左)リキッドのアイライナーで目尻を長めにハネ上げたり、ラインをばっちり太く描いて目元を強調。ちょっと古くさいし、美人さんだと特に怖い印象になるかも… (右)目力はあってデキる感じがありつつ、優しさも漂います。部下も相談を持ちかけやすい雰囲気です
次ページからの内容
・ARIA世代はあえて○○○○を使わない
・ビューラーで上がらない意外な理由
・一筆で目元がイキイキする魔法の色
・5分で目元が完成する全ステップ
・これだけは買いたいプチプラアイテム