2021年4月2日、日経ARIAを含む『日経xwoman(クロスウーマン)』が生まれ変わります。どんなコンテンツやサービスが利用できるようになるの? 見どころは? ARIA読者にとっての魅力について、今週から毎週お伝えしていきます。

 2019年2月に創刊した『日経ARIA』。40~50代の働く女性のキャリア、学び、ライフに役立つ記事、新たな挑戦への勇気が持てるような物語などをお届けしてきました。読者の皆さんから届く「私のための情報がギュッと集まっている」「同世代の人の頑張り、先輩女性の深い言葉に力をもらえる」といった言葉に、編集部一同励まされて、毎日の企画・取材・編集にと駆け抜けてきました。

 そして創刊から2年あまりの2021年4月2日に、日経ARIAを含む日経xwomanは生まれ変わります。これまで日経ARIA、日経DUAL、日経doorsという3つの姉妹媒体はそれぞれ会員(登録会員または有料会員)になっていただいていましたが、4月からは日経ARIA登録会員だった方はDUALやdoorsの登録会員向け記事もお読みいただけるようになります。また、日経ARIA有料会員だった方はDUALやdoorsの有料会員向け記事を含めてすべての記事をお読みいただけるようになります(料金は現状のまま)。

 新生・日経xwomanはまもなく始まりますが、一足先にカウントダウン企画として、DUALやdoorsの記事をARIAでご紹介します。学び好きなARIAさんにお届けしたいdoorsのアカデミー記事、ママARIAさんに響くDUALの記事など、毎週お届けしますのでどうぞお楽しみに!


◇◆ from doors◆◇

『日経doors』は20~30代の女性が可能性の扉を開く支えとなる情報を提供するメディア。キャリア、学び、婚活、妊活……さまざまな出合いを応援しています。

キャリアの築き方

自己分析は不要! いつでも変われる自分になる方法(有料記事)

日経doorsが誇る人気のアカデミー連載、講師は法政大学教授の田中研之輔さん、通称「タナケン」先生です。「転職や複業が当たり前の時代、自分で自分のキャリアを自在に変えていく」というメッセージは、人生が長くなっている今、ARIA世代にも必要な意識改革だと感じます。


◇◆ from DUAL◆◇

『日経DUAL』は働くママ・パパを応援するメディア。主に、12歳までの子どもを育てながら働く人に向けた情報を中心に、深堀りしてお届けしています。

夫婦のリアル

夫がやさしく子煩悩でも、妻が不機嫌な夫婦のリアル(無料記事)

日経DUALにはマンガ連載が充実していて大人気です。共働きパパ、中学受験……といろいろなテーマがある中で、夫に対するいらだちを隠せない妻を描く『夫にだけやさしくできない』。緊張感のある展開にドキドキ……。最新記事は12話、2話以降は登録会員の方だけが読めます。


構成・文/大屋奈緒子(日経ARIA編集長)