日経ARIAの媒体発表と同時に公開されたブランドムービーは、創刊を前に1万回以上再生され、大きな反響を呼んでいます。主人公は、3人の働く女性。シングルの管理職、DINKS(Double Income No Kids)、中学生の子がいるワーキングマザー――。三者三様のARIA世代の生き方が投影された映像には、どのような思いが込められているのか。制作を主導したコピーライターのこやま淳子さんと映像監督の太田良さんに、制作秘話を伺いました。