日経電子版読者に「日経xwoman」割引料金を開始

  1. 日経xwomanトップ
  2. ARIA
  3. 昼スナックママに人生相談
  4. 50代からの仕事人生(下)「降りる練習」を始めよう
昼スナックママに人生相談

50代からの仕事人生(下)「降りる練習」を始めよう

昼スナックで相談 転職先で「年寄り」扱いされて…でも「アラフィフ女性」だからできることがある


週1日、昼間だけオープンする桃源郷のような「昼スナックひきだし」。今回のご来店は、ARIA世代のエリート女性。管理職&50代キャリアのもやもやトークの後半戦です。長年勤めた会社に別れを告げた裕子さん。転職先でぶつかった壁は…? 今日も話題のオンラインスナックで開店よ〜。

50代からの仕事人生(上)「やりたくない事」をやめる勇気
50代からの仕事人生(下)「降りる練習」を始めよう ←今回はココ

捨ててみたら、欲しいものが入ってきた

紫乃ママ 長年勤めた会社を辞める決断をしてすぐにITベンチャーに転職が決まるなんてすごい。でも、手放さないと余白はできないからね。そこにうまくはまったんですよ。

裕子 持っているものを捨てたら、本当に欲しいと思っていたものが入ってきた感じです。

ふらっと来店客/関口裕子さん(仮名、53歳、既婚、子どもなし)
大手電機メーカーに就職。広告宣伝、法人営業などを経て、数々の新規事業立ち上げに携わる。3年前にゼロから立ち上げた事業が子会社化され、その部長に就任。ところが会社の都合で、全く関係のない子会社へ出向することに。ポジションはよくても所詮「外様」扱い。やりがいも手応えもない日々に悩んでいたとき、紫乃ママのある言葉をきっかけに思い切って退職。IT企業に転職したものの、そこでも新たな悩みの種が……。

紫乃ママ 裕子さんが持っていたものは、実は裕子さんにとっては欲しいものじゃなかったのかもね。でも、たいていの人が欲しがるような、「安定」や「ポジション」だから、「自分も欲しいのかも」とちょっと錯覚していたのかも。きっと裕子さんはうすうすそれに気づいていたのよ。幸せのカタチはやっぱり人それぞれ。人の欲しいものが自分の欲しいものとは限らない。

 それにしても優秀な人材を一律に「年齢」でバッサリ切るのなんて、会社も損してるわよね。「若い子のため」って、若いからって全員がやる気があるとは限らないのにさ。

裕子 大学時代の友人にも相談したんですけど、みんな選んだ道が違い過ぎて、いまいちピンと来ませんでした。意外に私と似たような境遇の人がいないんですよね。

「やりたいことがなかったら、とりあえず『やりたくない事』をやめてみるっていうのもありじゃない?」という紫乃ママの一言で、長年勤めた会社を思い切って辞めた裕子さん
「やりたいことがなかったら、とりあえず『やりたくない事』をやめてみるっていうのもありじゃない?」という紫乃ママの一言で、長年勤めた会社を思い切って辞めた裕子さん
会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My ARIAの設定が可能になります