ビジネスにプライベートに大活躍のSNSといえば、Facebookですね。メッセージやイベント機能など仕事に便利な機能がある一方、現実の社会とも密接に関わるため公私の切り分けが難しいSNSです。そこで今回は、スムーズな人間関係を保つためのFacebook運用方法をお伝えします。設定をうまく使いこなせばストレスの種も回避できて、Facebook環境がぐんと快適になりますよ。

名刺交換しただけの人にプライベートを知られるのは…

 Instagram、Twitter、LINEなど、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を楽しむ人たちは、スマホの普及と共にぐんと増えました。なかでもFacebookは、ビジネスにも活用できることで人気のSNSです。ARIA世代では、Facebookを通じてビジネス上の交流を深めている人も多いかと思います。

 その一方で、悩みが多いSNSもFacebookです。上司や取引先から家族、親しい友人まで、距離感の違う相手がFacebookでは一律に「友達」となります。そのため、名刺交換しただけの相手に自分のプライベートを知られたくない、友人の投稿は見たいけど苦手な上司のご高説は耐えられない、といったストレスを抱えてしまうことにもなるのです。

 「いっそFacebookをやめたい」ーーそう思う人もいるかと思います。でも、メッセンジャーでのやり取りやイベント連絡など、周囲に迷惑を掛ける可能性を考えるとやめられない人が大半でしょう。

 そこで、Facebookの設定を変更することで無用なストレスを避け、快適な空間を作る方法をお伝えします。次のページから、具体的なお悩みとその解決法を紹介していきます。

一度会っただけの取引先の人からFacebookの友達申請が。承認しないわけにはいかないけれど、プライベートな投稿は見られたくない……そんな悩みを解消します