仕事に追われていると、アウトプットばかりでインプットがおろそかになりがち。でも、たくさんの情報に触れなければ、新たなビジネスのヒントも生まれませんよね。そこで今回は、スマホを使って効率よく情報を収集する方法をお伝えします。また、情報を集めるだけでなく、検証する視点からもアプリを紹介していきます。

 インターネットにはさまざまな情報があふれています。しかも、刻々と新たな情報に更新されています。自分の知りたいときだけ検索サイトでキーワード検索していては、知らないうちに古い情報に頼っていることになりかねません。そこで、検索するなら最新の情報を得られるサービスで行いましょう。また、アプリさえ開けば、向こうから自分の欲しい情報が提供されるような環境づくりをしておくことも大切です。

 ここでは、情報収集に便利なアプリを3つご紹介します。1つ目は皆さんおなじみのTwitterです。

STEP1 情報を集める

「今」を知るならTwitter 速報性が強み

 「情報収集なのにTwitter?」と意外に思うかもしれませんが、最新の動向を知るにはTwitterが最適です。実は、Twitterはアプリのカテゴリーでも「ニュース」に属するサービスなのです。例えば、電車が遅延しているときに交通案内系のアプリではざっくりとした情報しか分かりませんが、Twitterならその場にいる人たちが発信している情報が手に入ります。具体的には何分ぐらい遅れているのか、駅のアナウンスはどのように説明しているのか、なども分かります。

 また、Twitterは災害時にも役立ちます。大きな地震が起きたときや豪雨のときなど、テレビやラジオよりも地域に密着した情報を得られることがあります。ただし、発信している人が一般の人たちの場合、デマやフェイクニュースの可能性もあるので、公式アカウントの情報を見る、他の人の証言を検証するなどして判断する必要はあります。

スマホでの情報収集には、アプリさえ開けば、向こうから自分の欲しい情報が提供されるような環境作りをしておくことも大切です(C)PIXTA