かけがえのない家族の一員として、動物との暮らしを楽しんでいるARIA世代の女性は多いはず。物言わぬ彼らですが、時に心を幸せな気持ちで満たし、時に沈む気持ちにそっと寄り添ってくれます。「この子のためなら何でもする!」とまで思わせる存在かもしれません。人生に豊かな彩りを運んでくる最愛のパートナーとの物語を紹介します。

第1回 安達裕佳子さんと、宇太くん

 坂道の多い横浜市の静かな住宅街。見上げるように長い玄関までの階段を勢いよく駆け下りて出迎えてくれたのは、甲斐犬の宇太(うた)くん(10歳)と、宇太くんの娘の音和(ねわ)ちゃん(5歳)です。足が長く、均整の取れた姿に見とれていると、前足を上げてうれしそうに体を寄せてきました。「ごめんなさいね。はしゃいじゃって」と、飼い主の安達裕佳子さんが笑います。

 安達さんは会社員の夫と犬2匹、猫3匹と暮らしています。以前は商社や社労士事務所に勤務していましたが、今はドッグトレーナーとして活動。犬たちは家族であると同時に、仕事の大切なパートナーでもあります。

初めての動物との暮らしは2匹の猫と。でも少し物足りなかった

 山梨県の山岳地方にルーツを持つ甲斐犬は比較的珍しい犬種。安達さんと宇太くんの出会いは、ちょっと運命的なものでした。

 結婚6年目を迎えた30代後半、そろそろ子どもがいる生活もいいなと思い始めたものの、なかなか授からなかった安達さんは「愛情を注ぐ対象が欲しい」と、2匹の子猫を家族に迎えます。和室の障子やリビングの壁紙をバリバリにされるなど、初めての動物との暮らしは最初こそ「衝撃」でしたが、帰宅すると駆け寄ってきて競うようにじゃれついてくる姿に、楽しさを実感するようになりました。

 ただ、猫は基本的に自分たちのペースで気ままに過ごす動物。だからこそ仕事をしながらでも飼いやすいと考えたのですが、「世話を焼く」という意味では、安達さんにとってちょっぴり物足りなさがありました。そんなとき、父親が病気で余命が長くないことが分かります。

(写真上)自宅近くの公園で、銅像のようにりりしいポーズを決める宇太くんと音和ちゃん(写真下)アップダウンの大きい地形は、犬たちにとっては変化があって楽しく、人間にはいい運動