日経xwoman秋のオンラインセミナー祭り2022開催

  1. 日経xwomanトップ
  2. ARIA
  3. 教えて勝間さん!40代からのキャリアとライフ
  4. 勝間和代 「働かない管理職」は多い?会社を見極める
教えて勝間さん!40代からのキャリアとライフ

勝間和代 「働かない管理職」は多い?会社を見極める

【新連載】危ない会社から緊急脱出ボタンを押せるように定期的な情報収集が必要。自分のチームワーキング力を磨いておこう


仕事、お金、暮らし、老後…ARIA世代が抱えるさまざまな悩み。親世代とは社会も暮らしも大きく変わっている今、もはやロールモデルは存在しません。これからどう未来を描けばいいのか。40代、50代の働く女性の悩みをARIAちゃんがお預かりして、経済評論家・勝間和代さんと一緒に考えていきます。1回目はこんなお便りから…。

今月のお便り:会社員Mさん(42歳・独身)
新卒でメーカーに入社し、勤続20年になります。人に恵まれ、社風も穏やかで居心地はいいのですが、このところ事業が縮小されたり、営業所が統合されたり、が続いています。総務、人事とバックオフィスを中心に仕事をしてきた私。今の会社、今のポジションで定年まで走り切れるか……正直、不安を感じています。

自分が乗っている船(会社)は沈まない?

ARIAちゃん(以下、ARIA) 悩めるARIA読者からこんなお悩みが届いていますが、勝間さん、どうでしょう?

勝間和代さん(以下、勝間) これは勤めている会社次第です。右肩下がりだったら、ヤバイです。ヤバイかどうかを見極めるポイントはまず業績、それから働かない管理職や中間管理職がどのくらいいるか。業績が伸びてなくても、新しい商品やサービスを次々出してて勢いがあればセーフ。勢いもなくて業績が悪い上、働かない管理職と中間管理職が山のようにいる会社は、遅かれ早かれ潰れます。

 管理職や中間管理職はいていいんですよ、ちゃんと働いていれば。問題は働いていないこと。働かない管理職と中間管理職がいるとなぜダメかというと、彼らの給料分まで商品やサービスの代金に含まれて、高くなるからです。当然、市場競争に負けますよね。今の消費者は安くていいものしか買いませんし、よりいいものに対する情報感度も高いから、競争力のない商品やサービスはいずれ淘汰されます。

 そういう会社は日本企業に多いような……、と想像する人が多いでしょう。外資系企業のほうが競争力が上だ、と。否定はできませんが、外資といっても千差万別で、本当にいい外資からとんでもない外資までいろいろです。日本企業で古い体質と思われがちな大企業でも、いい会社はある。もっと言うと、古い会社がダメで新興企業がいいというわけでもありません。

 ただ、自分の勤務先がいい会社であっても、いつなくなってもいいように、定期的に再就職情報などをチェックして、不測の事態に備えることは必要です。そうしないと「緊急脱出ボタン」を押せませんからね。

 ということでまず、業績の良しあしと、働かない管理職と中間管理職の有無で、自分が乗っている「船(会社)」が沈みそうかどうかをチェックしてください。

ARIA で、「ヤバイ、この船、沈むな」と思ったら、さて、どうしたらいいでしょう?

会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My ARIAの設定が可能になります