女性たちが経済的にエンパワーされると、消費者マーケットが加速される

W20共同代表として、女性のエンパワーメントが世界経済の成長に寄与すると世界に発信してきた(写真右/撮影は日経ARIA編集部)

 1つめにまず、労働力の強化というものがございます。少子高齢化という社会の中で、女性の労働力がどういうふうに経済的な効果を生んだかについて、日本でも具体的な数字が出てきております。200万人の労働力が、女性の労働力が、市場に参画することができた。これは非常に明らかな経済成長だと思います。

 これを賃金で直してみると、8兆円という数字も出ております。これはGDPに直すと3%。日本は非常に分かりやすく、まったくゼロのところから5年間の取り組みでここまでできるという、これだけの大きな成長ができるというのが、皆さんもお分かりになるかと思います。

 あともうひとつ、これは充分に語られてないのですが、消費者マーケットの伸び、ということです。世界の消費者マーケットはGDPの6~7割を占めるといわれ18兆ドルといわれています。このうちの12兆ドルというのが、女性が決めているという説もございます。

 こういった女性たちが経済的にエンパワーされたとき、どういう消費者マーケットが加速されるか。成長していくか。我々も今回、20カ国の提言書をまとめるにあたってビジョンとしましたのは、「女性のエンパワーメントと、新しい世界の成長」です。まさにここにポイントがあると思っています。