5月8日(水)から6月18日(火)まで、大丸松坂屋百貨店では、“THINK PINK! THINK BLUE!”と題し、乳がんのピンクリボン活動、前立腺がんのブルークローバー活動を応援するキャンペーンを実施。その一環として、大丸京都店と大丸札幌店にて『THINK PINK! THINK BLUE! みんなで知ろう!啓発トークショー』が開催されました。今回は、大丸京都店で開催されたトークショーをレポート。この日は日本中が季節外れの猛暑に襲われた1日でしたが、買い物途中の女性たちが数多く足を止め、真剣な表情で話に耳を傾けていました。

あなたもデンスブレストかも? 乳がん検診はマンモグラフィとエコーの併用を

 スペシャルゲストとしてフリーアナウンサーの高橋真麻さん、専門家として京都府立医科大学大学院 内分泌・乳腺外科学 主任教授でピンクリボン京都実行委員長の田口哲也さんを迎え、日経BPメディカル・ヘルスラボ所長の藤井省吾さん、上席研究員の黒住紗織さんをファシリテーターに、多くの観覧者に囲まれながらスタートしたトークショー。

 前半は、黒住さんの進行により、近年有名人が次々に罹患したり亡くなったりしていることが知られている、乳がんをトピックに進められました。まずは田口さんが、乳がんの現状について次のように説明しました。

田口哲也(たぐちてつや)さん
京都府立医科大学大学院 内分泌・乳腺外科学 主任教授、ピンクリボン京都実行委員長

 「乳がんの罹患者数は年々増え続けており、日本人女性の11人に1人が乳がんになると言われています。でも、今や乳がんは、医学の発達により8割5分は助かる病気です。そして、早期発見によりさらに多くの人が救われます。早期発見のためには、定期的な検診と日頃のセルフチェックが、なにより重要です」

 乳がんの主な検診方法には、マンモグラフィ検査とエコー検査の2つがあります。現在、日本における乳がん検診の指針は、40歳以上で2年に一度のマンモグラフィ検査が基本です。しかし、人によっては、このマンモグラフィ検査も万能ではないと田口さんは言います。

 「乳房の乳腺密度が濃い状態をデンスブレスト(=高濃度乳房)と言うのですが、そうした方は、マンモグラフィ検査をしても、乳腺の白い影に乳がんのしこりの白い色が隠れてしまい、見つけにくいという実状があります。自分がデンスブレストかどうかはマンモグラフィ検査を受け、画像を見てみなければわかりませんが、実は、日本人女性の閉経前の方の多くがデンスブレストに当たるのです。その場合は、エコー検査を併用することをおすすめします。エコー検査は、乳腺の密度に関係なく、がんしこりが見えるという長所があるからです」

高橋真麻(たかはしまあさ)さん
フリーアナウンサー
1981年10月9日生まれ。東京都出身。2004年〜2013年までフジテレビジョン アナウンス室に所属。現在は、バラエティー番組など多数のレギュラー番組に出演。底抜けに明るく、いじられても凹まない天真爛漫なキャラクターは、男女問わず幅広く支持されている

 すると、「それなら、エコー検査だけではダメなのですか?」と高橋さん。それに対し田口さんは、「とてもいい質問ですね」と言ってこう説明しました。

 「エコー検査で見つかる乳がんは、すでに転移する可能性のある段階のがんという場合が多いのです。一方、マンモグラフィ検査では、ごく早期のがんが見つかる可能性があります。マンモグラフィだけでがんが見つかった人は、ほとんどが助かります。ですから、検診としてはこちらが先なのです。ただ、先ほどもお話ししたように、今後については、公費で補助が受けられる対策型検診でマンモグラフィとエコーを併用する検診の導入が検討されており、そのための研究は進められています。一方、自費で受ける人間ドックでは併用検診はすでに行われていると思いますので、自分がマンモグラフイでデンスブレストだとわかったら、エコー検査も受けてほしいと思います」

 さらに田口さんは、セルフチェックの大切さについても言及しました。

 「セルフチェックは、乳がんを克服する入口として極めて大切です。実際、我々の外来に来られる患者さんの3~4割が、自分でしこりを見つけて受診されます。月に一度、生理が始まって1週間後くらいに、お風呂などで、鎖骨の下から脇、乳房をくまなく触って、石ころのような硬いしこりがないかチェックしてみてください」

 田口さんの話を聞きながら、しこりタッチ模型を実際に触ってみた高橋さん。

 「すごく硬い。本当に石ころがあるみたいですね。これはセルフチェックの習慣さえあれば見つけられますね。でも、この状態になるまでに体調の変化などはないのですか?」

 「ないんです。痛みも不調もない。ですから、普段からセルフチェックして、正常と異常の違いに気付けるようになっておく必要があるのです。乳がんは、2cmを超えなければ比較的早期です。自分の体に向き合う時間を持てば持つほど見つけやすくなると思います」(田口さん)

 また、検診で精密検査が必要と言われた場合には、必ず受けてほしいと田口さん。

 「精密検査で本当に乳がんが見つかるのは全体の0.3%ほど。つまり1000人に3人程度です。良性のしこりである場合がほとんどですから、精密検査を受けてと言われたら、怖がらずに必ず受けて、本当に乳がんかどうかを確認してほしいのです」