2019年4月23日に行われた「日経BP50周年記念フォーラム」。『日経xwoman』誕生! ~すべての世代の働く女性が輝くために~と題して、働く女性を応援する数々のプログラムが開催されました。なかでも白熱したのが、世代別女性リーダーパネルディスカッション「2030に向けて女性と企業はどう変わるべきか」です。

起業家、外資系金融企業の部長、大手メーカー役員が集結

 登壇したのは、HASUNAの代表取締役社長である白木夏子氏、パナソニック コネクティッドソリューションズ社常務 兼 パナソニックシステムソリューションズジャパン副社長の山中雅恵氏、UBS証券債券本部 金融法人営業部長 エグゼクティブディレクターの中尾麗イザベル氏。司会は日経xwoman総編集長・日経ARIA編集長の羽生祥子が務めました。

 HASUNAは、2009年に創業されたジュエリーブランド。人と社会自然環境に配慮する「エシカルな素材」にこだわったジュエリーを作り続けています。

 山中さんは、日本IBMで女性として初めてトップセールスに選ばれたのち、LIXIL、日本マイクロソフトなどを経て、パナソニックへ入社。その一方で、10年以上の不妊治療をして出産した一児の母でもあります。

 中尾さんは、ムービーで一日を紹介。朝からママチャリを走らせる姿と、会社で国内外とやり取りをする姿、どちらも収められていて、会場の女性たちは親近感を持って見つめていました。

HASUNA代表取締役/CEOの白木夏子さん
英ロンドン大学卒業後、国際機関、投資ファンドを経て2009年4月にHASUNAを設立。ジュエリーブランドHASUNAでは、パキスタン、スリランカ、ベリーズほか世界約10カ国の宝石鉱山労働者や職人とともにジュエリーを制作し、エシカルなものづくりを実践。日本におけるエシカル消費文化の普及に努めている。日経ウーマン・オブ・ザ・イヤー2011キャリアクリエイト部門受賞。2013年には世界経済フォーラム(ダボス会議)にGlobal Shaperとして参加。2014年には内閣府「選択する未来」委員会委員を務め、Forbes誌「未来を創る日本の女性10人」に、2017年にはCNNが選んだ日本人女性「リーディング・ウーマン・ジャパン」に選ばれるなど多方面で活躍