ARIA世代の大きな悩みは、心と体の健康ではないだろうか。実際、40代を超えるくらいから、女性ホルモンの減少による体の変化が現れ、50代になると更年期の症状も現れ始める。

 では、実際に、ARIAの読者はどんな悩みを抱えているのだろうか?それを明らかにするために、日経ARIAでは、読者に対して「40~50代の働く女性の心と体の健康に関するアンケート」を実施。347人から回答を得た。

7割が「ストレス・疲労感」、5割以上が「肩こり・腰痛」「睡眠」

【トップ5】あなたの「健康」に関する悩みを教えてください(複数選択)(N=347)

 まず、「健康」に関する悩みを聞いたところ、「ストレス・疲労感」「肩こり・腰痛などの筋肉や関節の痛み」「良い睡眠が取れない、睡眠時間が足りない」の3つが突出して高かった。多くの人が何らかの悩みを抱えるなか、「特にない」という人はわずか2.3%。責任世代ゆえに多くのタスクを抱えるARIA世代は、日常的な健康問題に悩まされていることがうかがえる。

ストレス三大要因は「仕事内容」「職場の人間関係」「寝不足」

ストレス・疲労感の原因は何だと思いますか?(複数選択)(N=242)

 「ストレス・疲労感」の原因を聞くと、「仕事の内容」が最も多かった(62.8%)。次いで「職場の人間関係」と答えた人が多く、「家庭やプライベートの人間関係」「寝不足」と続いている。つまり、プライベートより職場において負荷がかかることが圧倒的に多く、睡眠不足もまたストレスに拍車をかけているという実態が見えてきた。

 最もストレスを感じる人物については、「夫やパートナー」が第1位。2位は「年上男性上司」、3位は「女性同僚」と続く。

最もストレスを感じる人物は誰ですか?(複数選択、3つまで)(N=242)
逃げ場のないストレス・疲労感……手軽にプラスできるリセット習慣とは