いつまで「やりたくないこと」を続けるの?

 ARIAスタート時からの人気連載「昼スナックママに人生相談」が書籍化されました! タイトルはズバリ『昼スナックママが教える 45歳からの「やりたくないこと」をやめる勇気』。これまでの連載の一部に加え、紫乃ママ的4つのニューノーマル、もうひと花を咲かせるための3つのワークシートなど、紫乃ママがいま伝えたいことをたっぷり書き下ろしました。

 「昼スナックママとして3年半、実にさまざまな人にお会いして、40代、50代の考え方には傾向があると気づきました。一つは、自分には何もないと思い込んでいること、もう一つは、自分で長年かけて作ってきた窮屈な枠に自らハマッてしまっていること」(紫乃ママ)

「どこに出しても恥ずかしい人生を送ろう」など、紫乃ママの名言が満載です。日経BP刊/1540円(税込み)
「どこに出しても恥ずかしい人生を送ろう」など、紫乃ママの名言が満載です。日経BP刊/1540円(税込み)

 そして、ある来店客(相談者)には優しくこう諭します。

「真面目な人ほど、『やりたくないことでもやるのがよき市民』みたいな感覚がある。『やりたいことだけをやっていてはダメ』とか、『仕事はわがままでやるものじゃない』っていう自己犠牲礼賛やよく分からない呪いがいっぱいある。そういう呪縛、もういいじゃない、捨てても。自分の中に余白をつくらないまま進み続けてしまうと、せっかくやりたいことが見つかっても、『やりたいけど時間がない』『もう現世では無理』と来世持ち越し案件になっちゃう

 『昼スナックママが教える 45歳からのやりたくないことをやめる勇気』は、実はキャリア支援のプロでもあり、無職から大企業の役員まで、2000人もの相談に乗ってきた紫乃ママが、そっと背中を押してくれる一冊です。これからの働き方や生き方に悩んでいる人のもやもやを、紫乃ママがズバッと解決してくれます。

全国の書店・ネット書店で好評発売中!
アマゾンでの購入はこちらから

 本著では、実在する相談者(匿名)が次々に登場し、紫乃ママにリアルな悩みを相談します。

◆会社に報われない片思いをする48歳→ 会社を「腐れ縁の男」化しない
◆10年ぶりに役職ナシ!ショックな46歳→ 縦ではなく横に広がる成長がある
◆子会社へ出向を命じられた52歳→ 組織から「降りる練習」を始めよう
◆「肩書迷子」なフリーランス44歳→ 自分の仕事に「タグ」を付けよう
◆自分の存在価値が見えない47歳→ どこに出しても恥ずかしい人生を送ろう
◆被害妄想倶楽部、会員No.1の45歳→ 強力に「恩を売る力」を磨こう
◆優秀な年下の出現に焦る45歳→ 年齢フィルターはそろそろ外そう
◆突然のリストラ! 中年転職バージンな55歳→ 「市場価値」に踊らされない

 さらに、ミドルのキャリアを考えるためのフレームを、紫乃ママが鮮やかに、分かりやすく提示!

◆紫乃ママ的、ポストコロナを生き抜く4つのニューノーマル論
1/参加者(カウンターの外)⇒主催者(カウンターの中)
2/強みで勝負⇒ネタで勝負へ
3/熟考する⇒速攻するへ
4/事件は会議室で起こる⇒事件はスナックで起こる
◆45歳からのサードプレイス論
◆もうひと花咲かせるための3つのワークシート付き
「座右の銘は軽はずみ」という紫乃ママ。「開運スナック」の異名を取るスナックひきだしには、仕事を休んで足を運ぶ客も多数いる
「座右の銘は軽はずみ」という紫乃ママ。「開運スナック」の異名を取るスナックひきだしには、仕事を休んで足を運ぶ客も多数いる