日経ARIA

棚橋弘至「成功を捨て続ける」大切さを知った逆転の一冊

2000年代に人気、売り上げともに低迷し「暗黒期」だった新日本プロレスを支え、その後のV字回復へと導いた立役者。「新日本のエース」「100年に一人の逸材」と呼ばれる。趣味の一つが読書
閉じる