日経ARIA

逆転の一冊 玉川奈々福 会社員と浪曲師の二役で20年

異分野の芸能とコラボするなど、浪曲を今に生きる大衆芸能として広めようと奮闘中。2018年は文化庁文化交流大使として中欧、中央アジアの7カ国で公演。2019年には「第11回伊丹十三賞」を受賞した
閉じる