日経ARIA

秋吉久美子「53歳で大学院入学は両親への供養だった」

「『人通りの少ない道』を友人にプレゼントすることもあります。友人たちも、『読んで気持ちいい、やる気になった』と言っていました」
閉じる