日経xwoman

デヴィ夫人の一冊 貧しさと敗戦経験は神様からのギフト

『マリー・アントワネット』(シュテファン・ツヴァイク著、写真は角川文庫、上下巻) 1881年にウィーンで生まれたツヴァイクによる伝記作品。ルイ16世の王妃として栄華を極めた後にフランス革命に巻き込まれ、断頭台の露と消えたマリー・アントワネットの激動の人生をつづった名著。複数の翻訳家によって日本語にされ、刊行されている
閉じる