日経ARIA

ベートーヴェンを演じた稲垣吾郎、クリムトへの思いを語る

ベートーヴェン『交響曲第9番』を楽園の天使たちが合唱、全裸で抱き合う男女は接吻を交わすーー。物語のクライマックスは、シラーの詩『歓喜の歌』の最後のフレーズ「歓喜よ! 神々の美しき火花よ! この接吻を全世界に!」の一節を表現しています。愛の象徴であるバラが咲き乱れ、頭上には太陽と月が輝く、まさに楽園です
閉じる