今回のドヤ顔ワード
クリムトが最も描いたのは女性の絵。生涯の伴侶だったエミーリエとは結婚せず、恋人や隠し子もちらほら。クリムトの死後も独身を貫いたエミーリエは、ブティックの経営者として活躍。ウィーンではココ・シャネルやクリスチャン・ディオールと並び称される存在!

今週末に駆け込みたい美術展
「クリムト展 ウィーンと日本 1900」

『ユディトI』など「黄金様式」時代の代表作をはじめ、自然主義的な初期の作品や風景画など、日本最多となる25点以上のクリムトの油彩画を展示。ウィーンの分離派会館の壁画を飾っている34m超の絵物語『ベートーヴェン・フリーズ』の原寸大複製にも注目したい。

場所/東京都美術館 東京都台東区上野公園8-36
開催/開催中~7月10日
料金/一般1600円
問い合わせ/03・5777・8600(ハローダイヤル)
※7月23日~10月14日まで豊田市美術館(愛知県豊田市)に巡回



「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」

ハプスブルク帝国終焉(しゅうえん)間近の19世紀末、ウィーンでは絵画や建築などで新しい時代を求める動きが起こった。その過程で花開いたウィーン世紀末文化をひもとく展覧会。クリムトやエゴン・シーレの絵画、モダン・デザインの萌芽と言えるビーダーマイヤー時代の銀器など、多彩なジャンルの作品を約400点展示する。

場所/国立新美術館 東京都港区六本木7-22-2
開催/開催中~8月5日
料金/一般1600円
問い合わせ/03・5777・8600(ハローダイヤル)
※8月27日~12月8日まで国立国際美術館(大阪府大阪市北区)に巡回

グスタフ・クリムト『パラス・アテナ』
1898 年/油彩・キャンバス/ウィーン・ミュージアム蔵  (C)Wien Museum / Foto Peter Kainz/「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」に出展
知恵と芸術、戦いの女神アテネを描いた。兜をかぶり、左手には槍を持つ。「世紀末に流行した『ファム・ファタル』の一つ。クリムトは多くの女性をはべらした耽美的な画家という印象がありますが、この作品は耽美というよりは絢爛。力強い女性像も描いています」(千速さん)

取材・文/市川礼子