ファッションはもちろん、インスタグラムに投稿される毎日のお弁当や、子育てのこと、人生について語る珠玉のことばの数々…。今年50歳になるモデルの亜希さんの、ますます美しく輝きを放つライフスタイルが話題です。そんな亜希さんに日々の暮らしや今大切にしていることについて、お話を聞いていきます。第3回は毎日の暮らしのあれこれと、気になる「ごはん」についてです。

毎日のお弁当作りは歯を磨くことと同じ

―― 亜希さんのインスタグラムに投稿される「お弁当」がいつも本当においしそうです。毎日のごはんを本当に大切にしていることが伝わってきますが、仕事で家を空けるときなどはどうしているのですか。

亜希さん(以下、敬称略) 毎日お弁当を作るのは、私にとっては歯を磨くようなもの。もちろん、仕事で家を空けるときもありますが、できるだけ一日1回は子どもたちと一緒に食事することを心がけています。たかが食事、でも、されど食事なんです。二人とも私の作るごはんを楽しみにしてくれるので、そんな息子たちにおいしいごはんを作ることが自分の最大の役目かな、と。それからやっぱり夕飯時に、子どもの顔色を見たいですし。

「できるだけ一日1回は子どもたちと一緒に食事することを心がけています」

食べ盛りの息子たち。お肉はキロ買い!

―― 息子さんたちは食べ盛りだと思いますけど、例えばお肉はどれくらい買うんでしょうか。

亜希 すべてのお金が食材に消えてるんじゃないかと思うほどですね(笑)。お肉はキロ買い。ステーキなら一人500gは優に食べますし、すき焼きなら一人1㎏食べるときも。

 これにライス大皿2枚とかですから! お肉100gでごはん10皿食べてくれれば本当は助かるけれど(笑)、育ち盛りだからこそ制限せずに食べたいだけ食べさせてあげたいですね。