広報経験を生かして社内に協力者を増やす

 「本格的な商品化に向けて、分科会で『そもそもなぜ植物を身に付けるといいのか』といったコンセプトから考え直しました。そこで大事にしたいと思ったのは、自然なフォルムによって感じる癒やし。軽くて、ナチュラルで、花や葉、木の実だとすぐに分かるもの、極力自然な植物のかたちや風合いを生かしたものに共感してもらえるのではないかと考えたのです」

 最初のうちは、香取さんが家で趣味の延長として試作品を製作。試作品を社内に置き、社内の様々な人たちに声をかけ、実際に着けてもらって感想をもらいながら改良を続ける日々。

 「広報という職種柄、社内に知り合いが多く、いろんな人に協力してもらいました。実際に数日耳につけてもらって、チクチクしないか、色落ちしないかなど、率直なフィードバックをもらいました」

社内の女性たちは喜んで協力してくれたそう。「使用感やリクエストなど、生の声がとにかくありがたかったです」(香取さん)

 商品のデザインや生産の委託先など納得がいくまで分科会で何度も検討を重ね、2018年3月、新店舗「BIANCA BARNET」全店で販売を開始した。アイテムは、ピアス、イヤリング合わせて50種類ほど。季節に合わせて次々と新たなデザインを準備している。