システムメンテナンスのお知らせ

  1. 日経xwomanトップ
  2. ARIA
  3. another STAGE
  4. TV局勤務→専業主婦10年を経て単身帰郷、酒蔵を継承
  5. 4ページ目
another STAGE

TV局勤務→専業主婦10年を経て単身帰郷、酒蔵を継承

(上)報道の世界で活躍した後に落ちたM字カーブの谷…東日本大震災後に実家へ決意のUターン


「おらがまち」の地酒を求める人々の声に応えたい

 「猛吹雪の中、町の名水を必死で運んできた彼らを見た瞬間、『みんな自分の地域の地酒がほしいんだ』と分かったんです。それまでは、『たとえ酒蔵が減ろうと、市場にはさまざまな日本酒が溢(あふ)れている。だったら、うちの蔵が頑張り続ける意味なんてない』と思ってきました。ただ震災後、近隣の酒蔵は廃業し、金水晶酒造店は福島市のみならず、伊達市、伊達郡も含めたエリアで唯一の造り酒屋になってしまった。日本酒は地域の祭りや神社の神事に欠かせないもの。うちの蔵が廃業すれば金水晶のみならず、周辺地域の地酒もまるごとなくなってしまいます」

 「食べていけなくなるかも」などといったぼんやりした不安だけで、127年続いてきた蔵をなくすわけにはいかない……。年の瀬のこの出来事をきっかけに、斎藤さんは家族と離れて福島に戻り、蔵を継ぐことをついに決意した。

斎藤さんがブランディングを行う前は「昭和風のデザイン」だったラベルや外箱は、シンプルな印象に一新
斎藤さんがブランディングを行う前は「昭和風のデザイン」だったラベルや外箱は、シンプルな印象に一新

続きの記事はこちら
母親卒業宣言!49歳で福島へ 酒蔵再建に人生を捧げる

取材・文/籏智優子 構成/市川礼子(日経xwoman ARIA) 写真/阿部勝弥

会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My ARIAの設定が可能になります