老後について気になり始める40~50代が、老後資金を準備する方法の一つとして「投資」を始めるとしたら、どんなことに気を付けたらいいのでしょうか。前回に続き、世界の資本市場を中立的な観点から調査し、投資情報を提供しているイボットソン・アソシエイツ・ジャパンCIOの小松原宰明さんにお話を聞きます。

株式投資は面白いけれど…

 40~50代のARIA世代が、老後に向けてお金を準備する方法の一つとして「投資」を考えたときには、いったいどうしたらいいのでしょうか。投資というと、「株式投資」を思い浮かべる人も多いですね。さらに言うと、投資=株だけと思い込んでいる人もいるようです。

 「株式投資も大変面白いですが、銘柄を選んだり、業績を見たり予想したりと手間がかかります。ARIA世代は忙しい世代だと思いますので、投資に手間や時間をかけないほうが続けやすいのではないでしょうか。おすすめは、プロが複数の株=銘柄を選び、運用まで行う『投資信託(ファンド)』です」(小松原さん)

 投資信託(ファンド)とは、日本や海外の株や債券など、たくさんの金融商品が一つにパッケージされたもの。個人からお金を少しずつ集めて、プロが億や兆単位で投資をする仕組みです。「金融機関によっては、月々1万円などと少額で始められることがいい点です」

「ARIA世代におすすめなのは、プロが複数の株=銘柄を選び、運用まで行う『投資信託(ファンド)』です」と小松原さん