コストゼロでも大きな宣伝効果を上げられる時代

笹木 SNS時代の消費者は、インターネットで検索してクリックすれば即購入できます。また、膨大な情報の中から自分で判断するのは大変なので、自分の好きなブロガーやYouTuber、インスタグラマーの「いいね」という判断に乗る人が増えています。広告よりもPRの時代です。つまり、企業は、影響力のあるインフルエンサーを通じて上手にPRできれば、多額の宣伝費をかけなくても、やろうと思えばコストゼロでも、大きな宣伝効果を上げられる時代なのです。

SNS時代の消費者は、検索してすぐに購入し、その情報をシェア。これが次の消費者を呼び込む原動力となるので、ネット上の評判が重要だ

 私自身も起業してYouTube用にカメラを買おうと思ったときにSNSを検索し、好きなインフルエンサーのゆうこすさんが買ったものと同じカメラを買いました。同じ女性だし、あまりカメラに詳しくなさそうだけどYouTubeの動画にも十分使えている。なにより好きな人が使っているのがいい。他の情報を調べて比較することもせず、検索して即買いです。

 SNS時代ならではのPRのコツは、読み手の役に立つ情報を提供する姿勢であること。また、顧客はどんどん入れ替わると考え、メルマガ登録など、新たな顧客獲得につながる案内窓口は、多少しつこいくらいに用意すべきです。ヒカキンさんなど既に大人気のYouTuberでも、動画の最後にチャンネル登録を呼びかけるなど登録案内の努力を重ねていますよね。また、一口にSNSといってもユーザー層が異なるので、ターゲットによっては身近な存在に感じてもらうことが新規顧客獲得の近道となることもあります。親近感を生むためには、時には失敗を見せることもためらわないように。

―― PRのノウハウを伝えるPR塾が引っ張りだこなのはなぜでしょう?

笹木 「なんかいい話を聞いた」で終わらず、家に帰ったら今すぐ仕事に使えるように、私のPRノウハウをすべてつぎ込んでいます。成功するための自己紹介資料の作り方からPR資料や企画書の書き方を説明した、いわば完全実用マニュアル。名前を入れ替えるだけで使える送付用レターのファイルや、メディアへ連絡を取る際の具体的な話し方や文面も細かく説明しています。メディアに売り込む経験なんて初めて、という方が受講生のほとんどなので。