中殿筋は座りっぱなしの生活を送る人が凝りやすい

 この連載のテーマであるARIA世代の「眠ったお尻」とは、お尻の最も大きな筋肉である大殿筋がサボっているわけですが、この場合、周りにある筋肉が酷使されます。中殿筋もそのひとつであるため、凝って硬くなり、ほぐそうとすると痛みを感じるのです。

 この「ほぐす編」を行うと、大殿筋トレーニングをしたときに、狙い通りに大殿筋を鍛えやすくなります。「使えるお尻」に大きく近づくのです。中殿筋は座りっぱなしの生活をしている人が特に凝りやすい筋肉でもあるので、ほぐすと腰痛や坐骨神経痛の軽減と防止にも効果的。痛みに耐えながらほぐす価値はありますよ。十分ほぐれたら、引き続き、鍛える編(動画は1分46秒)を行いましょう。

取材・文/茅島奈緒深 動画・写真/長沼 良 モデル/北村エミ

次に見る記事はこちら
=>岡部友 いい姿勢なら常に若く見られる/鍛える編