ほぐすのは背骨の脇の筋肉

 腰方形筋は背骨の左右の脇に位置していて、高さはおなかのくびれのあたりです。ここにテニスボールやフェースタオルの結び目を当ててほぐしていきます。

腰方形筋の位置は、背骨の両脇で肋骨の下から骨盤の上まで(オレンジ色で囲んだ部分)。ここにテニスボールを当てて、体重をかけてほぐす

 腰が反っている人は、腰方形筋が特に凝りやすいです。左右片方ずつ行って、ボールを当てる位置を少しずつずらしながら、イタ気持ちいいポイントを探してください。腰を反らせている自覚がない人でも、ほぐしてみると思いのほか痛いと感じると思います。痛かったら、フゥーッと息を大きく吐いて体の力を抜きながら行ってください。それでは、下の動画を見ながら一緒にやってみましょう。

あおむけになって背骨の脇にテニスボールを当て、ひざを抱えてゆっくり体を揺らします(所要時間 3分25秒)

 痛いところも体重をかけて、ほぐせましたか?