初めて経験するとショックなトラブルといえば、尿漏れ。くしゃみをしたとき、軽くランニングしたときなど、思いがけず出てしまって困った…という人はARIA世代に少なくありません。骨盤底筋群を鍛えればいいと聞いたけど、やり方が分からない――。そんな人も大丈夫! パーソナルトレーナーの岡部友さんと一緒に、動画でレッスンしましょう。まずこの記事「ほぐす編」を、続いて「鍛える編」にもチャレンジ!

座ってばかりいる人が、漏れやすくなるのは当然です

 デスクワークの方は、平日、トータルで1日8時間以上座っているのではありませんか? 休日も、家で過ごすときはもちろん、出かけるときも移動の車や電車の中、行き先のカフェや映画館など、どこに行っても座ってばかりだと思います。

 座ってばかりだと、お尻の筋肉は伸ばされっぱなしになって、お尻にギュッと力を入れにくくなります。すると、お尻の筋肉と連動して動く骨盤底筋群(こつばんていきんぐん)が縮む力も衰えて、おしっこの通り道である尿道(にょうどう)を締める力が下がる。そのため、尿漏れしやすくなってしまうのです。

「座っている時間が長い現代人は誰でも、尿漏れしやすくなります」(パーソナルトレーナーの岡部友さん)

 出産経験のある人も、ない人も、座っている時間が長い現代人は誰でも、尿漏れしやすくなります。20代の若い人にも当てはまります。あるイベントで私が指導していた若い女性が、「急に生理になっちゃいました!」と慌ててトイレに行ったのですが、戻って来たら「おしっこでした」と……。そのくらい、現代人はカラダの感覚が鈍くなってしまっているんです。