篠田真貴子さんは昨年50歳を迎え、「ジョブレス」な生活をスタート。今、新しいステージに立っている。「見晴らしのいい場所」から振り返って、40代までに身に付けておいてよかったことは? と聞くと、意外な答えが返ってきた。

―― 篠田さんが40代までに身に付けてきてよかった、と思うことは何ですか?

篠田真貴子さん(以下、敬称略) 無駄に自分を大きく見せない、ということかな。やっぱり若い頃って、変に力が入って頑張っちゃいますよね。その頑張りが推進力になって自分を鍛えたとも言えるのだけれど、その推進力が働き過ぎると、知らないことを「知ってる」と言っちゃったり、背伸びしてスゴい人と付き合おうとしたりとか。

「今考えると、30代まではだいぶ背伸びしてたなぁ」

 私自身、そういう時期があったし、それがいつの間にか「癖」になってしまうんですよね。知ったかぶりをする癖を直そうと、40代の間は特に意識して過ごしていたと思います。

―― 「知ったかぶりの癖が付いている」と気付いたきっかけは?