昨年、「ほぼ日」のCFOを退任した篠田真貴子さん。ちょうど50歳だ。退任後1カ月もたたないうちに編集部は篠田さんにお会いした。きっと次のステージへの準備が着々と進んでいるんだろうなと思いきや、「今、ジョブレスなの!」とすがすがしい笑顔で無職を楽しんでいる。篠田さん、これから10年、どんな地図を描いているのですか?

50歳で無職 これから何をやるんですか?

―― 2018年11月、10年勤めたほぼ日のCFOを退任しました。「50歳」という節目の決断に、同年代の働く女性たちの関心も集まっています。

篠田真貴子さん(以下、敬称略) 結果的に、「10年」「50歳」という区切りになりましたが、もともとそういう予定で考えていたわけでは全くないんです。縁あってほぼ日という会社でお役目をいただいて気付けば10年。その間、上場という大仕事にも立ち会うことができてとても濃く充実した40代を過ごしたのですが、ふと気付いたら「あれ、私、やり切ったかも」と思ったんです。

 自分でもビックリしちゃって、正直、戸惑いました。「そういうことでいいのかな?」って3カ月くらい一人で熟考して、確信を持てた段階で(ほぼ日社長の)糸井重里さんと話をしたという流れでした。まさに「卒業」という表現がしっくりくるような感覚ですね。

「やり切ったから、卒業しました!」

―― その時点で、「次」についてはどのように計画を?

篠田 それが全くノープラン。

 卒業といっても引き継ぎの仕事は簡単ではなくて、これにしっかり集中することが最後の仕事だと思っていたんですね。だから、次のことはあえて考えないでいようと決めていました。