日本人女性の閉経中央値は50.5歳。その前後5年ずつ、45〜55歳が更年期と呼ばれる時期ですが、仕事の責任が増え、キャリアの充実期にも重なります。中には、更年期症状が原因で昇進を諦めたり、退職を選択したりする人も。キャリアの大事な時期を乗り切るためにも「ホルモン補充療法がおすすめ」というイーク表参道副院長で産婦人科医の高尾美穂さんに「ホルモン補充療法」のメリット、デメリットを聞きました。

―― 更年期症状で来院するARIA世代の患者さんの症状はどんなものが多いですか。

高尾美穂さん(以下、敬称略) イライラや落ち込み、涙もろくなる、緊張が強いなど、メンタル面のコントロールがうまくいかずに相談にやって来る患者さんが多いなと感じます。「なんとかして生活の質を上げたい」という相談ですね。

 更年期障害の治療の第1選択はホルモン補充療法(HRT)です。必要最小限の女性ホルモンを足してあげることで、更年期の変化を緩やかにするもので、1週間で75%のホットフラッシュが改善する(※)ほど、とても良く効きます。
(※)Cochrane Database Syst Rev. 2004 Oct 18;(4):CD002978

女性ホルモンを足してあげるだけで更年期の症状は改善される