日経電子版読者に「日経xwoman」割引料金を開始

  1. 日経xwomanトップ
  2. ARIA
  3. 人生を一緒に歩むパートナーが欲しい
  4. 誰からも愛されていない私…見えない未来にもがく日々
人生を一緒に歩むパートナーが欲しい

誰からも愛されていない私…見えない未来にもがく日々

手を上げる夫とは家庭内別居、本気で愛してはくれないカレとはコロナで破局…これからの私が生きる道は?


夫も子どももいる。でも、私には何かが足りない…ふと思ってしまうのです。これからの人生を一緒に歩む、新しいパートナーが欲しいって。

 みんな誰かに愛されてるのに、私は、誰からも愛されてないなぁ……この連載を読みながら、よくそう思う。浮気や不倫願望は、もともとなかったほう。そういうことはドラマや小説の中だけの話で、自分の身に起こることとは思ってなかった。でも……。

唯さん(仮名・45歳・既婚・子あり・メーカー営業)

 夫からは「離婚届に判を押して家を出ていってくれ」と言われていて、3年続いたカレには「気安くLINEをしてくるな」とフラれたのが私の現状だ。

 私だって、財産分与の折り合いがつけば離婚したい。もっとも、夫1人の稼ぎで、小・中学生の息子2人を育てられるかどうかはなはだ疑問だけど。カレにフラれた後に言い寄ってきた人もいる。でも、あからさまに遊び目的だから、あしらうしかない。いっそ仕事に生きようと、資格取得のための学校に通い始めたものの、超難関資格のため、取得に5年はかかりそうで……。

 八方ふさがり。家庭も恋愛もキャリアも、すべて、見事に行き詰まっている。どうにかしたいけど、どれも、今すぐにはどうすることもできなくて、やり過ごすしかない。たまに息抜きしないと苦しくて続かない。だから、あからさまに遊び目的の相手でさえ、関係を切らずにいるのかも。その人が、愛をくれないことぐらい、私だって分かってる。

誰からも愛されていない私…見えない未来にもがく日々
誰からも愛されていない私…見えない未来にもがく日々

 夫(48歳・会社員)とは15年前、30歳のときに結婚した。出会ったのは28歳、お見合いパーティーだった。全くモテなかった私が、彼氏が欲しくてお見合いパーティーに参加したのは25歳のとき。最初に出会った人とは1年付き合って別れ、再度のお見合いパーティーで出会ったのが夫だった。お互い、語学や欧米文化に興味があって意気投合。やっと、私を好きになってくれて大事にしてくれる人と出会えた! そう心から思って結婚した。

 それが、夫いわく、私は「結婚と出産を経て変わった」そうだ。

会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My ARIAの設定が可能になります