誰か新しい人と出会って、結婚したいわけじゃない。でも、これまで頑張ってきた分、ふと思うのです。これからの人生を一緒に歩むパートナーが欲しいって。

 彼と付き合うきっかけは、彼の奥さんが、私と彼が浮気していると勘違いして、彼を家から追い出したことだった。

 淳一さん(仮名、51歳、コンサルタント)と出会ったのは6年前、あるビジネスセミナー。席が近かった数人と勉強仲間になり、定期的に勉強会を開くうちに、2人でも食事に行くようになった。興味と知識の幅が広くて話が尽きず、仕事に対する姿勢もキャリアも、本当に尊敬できる人だった。

理想とするカップル像が「ハリウッド俳優のジョージ・クルーニーと国際弁護士のアマル・クルーニー夫妻」で一致したことも、妙にうれしかった
さとみ
(仮名、44歳、コンサルティング会社経営、バツイチ独身、子どもなし)

 当時、彼は既婚者だったから、ちゃんと、しっかり、一線を引いていた。毎月会っていたが、手も握らなかったし、当然キスもしていない。