日経電子版読者に「日経xwoman」割引料金を開始

  1. 日経xwomanトップ
  2. ARIA
  3. 人生を一緒に歩むパートナーが欲しい
  4. 25年ぶり復活愛で生理も再開 でも同じことの繰り返し?
人生を一緒に歩むパートナーが欲しい

25年ぶり復活愛で生理も再開 でも同じことの繰り返し?

高校時代に好きだった彼と再会して感じたときめき。彼は変わっていなかった。受け身で優柔不断なところも…


誰か新しい人と出会って、結婚したいわけじゃない。でも、これまで頑張ってきた分、ふと思うのです。これからの人生を一緒に歩むパートナーが欲しいって。

 上がりかけていた生理が再開した。

 彼と付き合い出してすぐのこと。半年なくて、このまま閉経するんだろうな、と思っていた生理が突然きた。周期はめちゃくちゃで、1日、2日で終わったと思ったら、10日続くことも。花に例えたら、返り咲き、いや、狂い咲きか(笑)。常にナプキンを持ち歩かないと不安、なんていう心境は何十年ぶりだったろうか。

 人から「なんかいいことあった?」と肌艶を褒められることが増え、自分でも女性ホルモンがすごく出てる感じが分かった。なんていうか、心が温かいもので満たされて、気力や活力のメーターが上がりやすいのだ。週末返上で働いても、いつ彼が私の家に来てもいいように、まめに食材を買い出しに行ったり、部屋を掃除したり。かいがいしくできる自分に自分で満足して、自己肯定感が上がった。

 でも、それももう過去のこと。

 今、私は、人には言えない彼との関係を、絶賛清算中だ。

りえ
(仮名、50歳、バツイチ独身、子どもなし、アパレル・商品企画)

 38歳で離婚して以降、ほぼ10年一人でいた。仕事にも愛猫との暮らしにも不足はなく、ずっと恋愛しないままでいいかも、と思っていた。そんな状態に変化が起きたのは3年前、47歳のとき。高校時代に好きだった同級生の彼(公認会計士/既婚・子どもあり)と25年ぶりに偶然に再会してしまったのだ。仕事仲間とお酒を飲んでいるところ、それもベロベロに酔っ払った状態を見られて……。その後、彼からフェイスブックの友達申請があり、やり取りが始まった。

 高校生のとき、私は他の人と付き合っていても、彼の肩の力が抜けた雰囲気がいいなと思っていた。高校卒業後もその思いはずっと変わらず、彼からも明らかに好意を感じるようになった。でも、進展はなかった。彼はものすごく受け身な優柔不断タイプで、私がアクションを起こさないかぎり何も始まらない感じだったからだ。

 いつまでも煮え切らないなら、もういいや。

会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My ARIAの設定が可能になります