「恋は魔法みたい」改めてそう思う

柴門 40代以降、特に母親となった女性たちの恋愛と、20~30代の恋愛との違いを一言で言うとしたら、「しがらみの多さ」でしょうね(笑)。若い頃のしがらみなんて、ほぼないに等しい。あっても、口うるさい母親くらいじゃないですか。40代以降の子持ちで婚外恋愛、しかもダブル不倫ともなれば、とてつもないしがらみでがんじがらめになりますよ。

 どんなに二人がほれ合って一緒になったとしても、一筋縄ではいかないですし、誰かを傷つけた事実は死ぬまでついてくる。それを受け入れる覚悟はあるのかどうか、真剣に考えないといけないですよね。

 泥沼もいいところですから、現実には絶対にお勧めしません(笑)。私は今回の作品を通じて、「もしも今のあなたがこういう恋愛をしたら、こうなります」というシミュレーションを複数パターンにわたってお見せしているつもりですから、どうぞ漫画の世界だけで安全にお楽しみください(笑)。

 ただね、実際に恋をした女性たちに話を聞きながら面白いなぁと思うのは、誰もが恋した瞬間に、ピュアな心を取り戻しているんですよね。

 仕事に子育てに忙しくてしばらく恋愛から遠ざかっていた女性が、ちょっと男性から粉をかけられたくらいで中学生みたいに舞い上がっちゃう。恋は魔法みたいだな、と改めてその威力を感じています。

続きの記事はこちら
柴門ふみ がん経験で残り時間を意識 創作力は今が最高

取材・文/宮本恵理子 写真/洞澤佐智子