「私はこのまま、女として終わりなのだろうか」

 40代は恋愛の第二のピーク、などと言われますが、「なるほど」と思えるところはあります。結婚当初は恋愛感情の高まりから、そして子作りのために、セックスをする夫婦が多いでしょう。ただ、子どもができることによって「家族」になります。セックスはどちらかというと恋愛の分野に属するものですから、「家族とセックスするのは変な感じ」と言う人が多いです。子どもの目を盗んでセックスすると言っても、日本は欧米に比べると家庭内で夫婦のプライバシーが尊重されていないですから、ムードを持ってゆっくりと、ということもあまり期待できませんね。

 30代までは、仕事や育児に追われ、セックスレスを悩む人はそれほど多くないように思います。しかし、40代になると、子育ても一段落し、同時に自分の人生のこれからが見えてきます。「私はこのまま、女として(男として)終わりなのだろうか」という虚しい気持ちが出てきても不思議ではありません。50代に比べれば、身体もまだまだ若いです。

 人によっては、仕事での出会いや、出会い系サービスを使って、家庭がありながら別の異性とセックスする人もいます。多くの人が「家庭を壊さないならば」という条件をつけますが、そう簡単に割り切れる人と、罪悪感や、相手の配偶者への嫉妬で、精神的にバランスを崩してしまう人もいます。