そうめんが「ごちそう」になるつけ汁

 定番の「つけ汁」をアレンジ。「納豆、めかぶ、温泉卵など、コンビニ食材を加えるだけで、食べ応えがぐんとアップします」。栄養面もバッチリ。

具材のうまみが引き立て合う
納豆とトマトのつけ汁

【材料(1人分)】
刻み(ひきわり)納豆…1パック(40g)
トマト(中)…1/2個
ゴマ油…ひとたらし
めんつゆ(ストレート)…50ml

【作り方】
トマトは1cm角に切り、箸で練った納豆とともに器に入れてゴマ油をたらし、めんつゆを注ぐ。

つゆにも具にも栄養たっぷり
豆乳とツナのつけ汁

【材料(1人分)】
豆乳(無調整)…50ml
ツナ缶…1/2缶(35g)
青ジソ…1枚
めんつゆ(ストレート)…50ml

【作り方】
器に豆乳とめんつゆを入れて混ぜ、油を切ったツナを加え、みじん切りにした青ジソを振りかける。

ツルツルとのど越しアップ
めかぶと温玉のつけ汁

【材料(1人分)】
めかぶ(味なし)…1パック(40g)
温泉卵…1個
すりおろしショウガ…少々
めんつゆ(ストレート)…50ml

【作り方】
めかぶと温泉卵を器に盛り、めんつゆを注いでショウガをのせる。

豚肉は疲れ対策の優秀食材
ナスと豚肉のつけ汁

【材料(1人分)】
ナス…1本
豚こま切れ肉…70g
ショウガ…1片(10g)
ゴマ油…大さじ1
めんつゆ(ストレート)…75ml

【作り方】
1. ナスは縦に2等分して斜め薄切りに、ショウガは千切りにする。
2. フライパンにゴマ油を熱し、ナスがくたっとするまで炒めて取り出す。
3. 同じフライパンでショウガと豚肉を炒め、ナスを戻してめんつゆと水少々(分量外)を加える。ひと煮立ちさせ、アクを取ったら器に盛る。

 次回は、一皿で「ごちそう」になるそうめんレシピを紹介します。

 こちらへどうぞ ⇒ ぶっかけで具だくさん&炒める「そうめん」アレンジ6例

ソーメン二郎
そうめん研究家
ソーメン二郎 本家は奈良県桜井市の三輪そうめん製麺所。そうめん食文化の継承・復興のため、全国を食べ歩き、ブログ「そうめん道」などでそうめんの魅力を発信中。著書は『簡単! 極旨! そうめんレシピ』(扶桑社)
藤本幸弘
クリニックF院長
藤本幸弘 東京大学大学院医学研究科修了後、東京大学医科学研究所附属病院勤務などを経て現職。近著は『美しくやせる食べ方 ディフェンシブ〜体を守る〜栄養学』(学研プラス)

文/大屋奈緒子(日経ARIA編集部) 写真/福岡 拓

日経WOMAN2018年9月号掲載記事を再構成

この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります