夜間の画面表示を見直そう

 夜間に明るい光を目にしていると体内時計の睡眠と覚醒のリズムが乱れるといわれている。iPhoneには画面をやや暖色系の色で表示する「Night Shift」という機能が搭載されており、オンにすると電球色の明りで照らしたように落ち着いた雰囲気になる。就寝前はNight Shiftをオンにした状態の画面にした方がリラックスできそうだ。

 Night Shiftをオンに切り替えた直後は、全体に赤みがかかって見えるため違和感があるかもしれないが、しばらくすると気にならなくなる場合が多い。写真の色を正確に把握したいなど、状況によって色みが変わってしまうと困る場合はNight Shiftはオフにしておこう。

安眠のために「Night Shift」を使う
安眠のために「Night Shift」を使う
画面の表示を暖色系にシフトすることで、目の健康と睡眠に悪影響があるといわれるブルーライトを減らす「Night Shift」がサポートされている

 Night Shiftは開始と終了時刻を設定して自動的にオン/オフできる。また、現在地の日の入りと日の出の時刻と連動させる設定も可能だ。これは先に紹介した外観モードの設定と同様に位置情報サービスを利用している。

「おやすみモード」を活用

 通話の着信やアプリの通知をしないようにする機能として「おやすみモード」が用意されている。名称から就寝時の使用を想定した機能のように感じるかもしれないが、打ち合わせに入る前や作業に集中したいときにのように、通知に邪魔をされたくない場合にオンにするといった使い方も便利だ。

夜間はロック画面が暗くなるようにする
夜間はロック画面が暗くなるようにする
「おやすみモード」をオンにすると電話の着信とアプリの通知を行わない。「ロック画面を暗くする」をオンにすると、通知は画面にも表示されず、ロック画面も暗くなるので、眠りを妨げられにくい

 就寝時におやすみモードを利用する場合は「ロック画面を暗くする」をオンにするのがお勧めだ。ロック画面が暗くなるので、夜間に枕元に置いたiPhoneで時刻を確認した際などにもまぶしさが軽減される。

 また、通知がロック画面にも表示されないので、気になった通知を開き、そのままiPhoneを操作してしまうといった事態も防げる。

文/伊藤朝輝 イメージイラスト/PIXTA

日経パソコン2019年10月28日号掲載記事を再構成

この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります