鼻呼吸で細菌やウイルスの除去が可能に

 鼻には、外から入ってくる細菌やウイルスなどを除去したり、呼気を温めて適度な湿り気を与える機能が備わっているが、口にはこのような機能はない。そのため、「口呼吸では口やのどの粘膜が乾燥しやすく、ウイルスなどの感染リスクも高い」と、みらいクリニックの今井一彰院長は説明する。

 乾燥でのどに慢性的な炎症が生じると、全身の免疫力も低下する。「カゼをひきやすくなるだけでなく、アレルギーや歯周病、さらには筋肉や内臓などの疾患にまで影響すると考えられる。実際、口呼吸をやめることでこれらの症状が改善することもある」(今井院長)。

 今井院長によると、女性の7~8割は口呼吸だという。「口呼吸を続けていると、舌が前に突き出てあごが下がり、ほうれい線の深い「ブルドック顔」に。二重あごやエラ張りの原因にもなりやすい」と今井院長。

睡眠時の口呼吸を「鼻呼吸」に変えるメリット
□いびきや無呼吸が減る
□安眠できる
□カゼを引きにくくなる
□歯周病が悪化しにくくなる
□角が上がり、ほうれい線が薄くなる

口閉じテープでいびきを治める

 そこで注目されるのが「口閉じテープ」だ。「貼って寝るだけでいびきが治まり、睡眠が深くなる」と今井院長はいう。

口閉じテープの使用で、いびきの音量や頻度が減った

 口呼吸の自覚がある20代男性。1日8時間の睡眠時に2秒ごとの音量(dB=デシベル)を測定し、50dB以上の回数を1週間のデータで比較。口閉じテープを使用した場合、テープなしに比べて大きないびきの音が約5分の1に激減した。(データ提供:小林製薬)
※実験には『ナイトミン鼻呼吸テープ』を使用

 次回は、口閉じテープの上手な貼り方を紹介します。

今井一彰
みらいクリニック院長
今井一彰 日本病巣疾患研究会副理事長。「口閉じテープ」をはじめ、「あいうべ体操」「ゆびのば体操」など、薬を使わずに慢性的な症状を改善する独自の治療で成果をあげる。『口呼吸をやめて万病を治す!』(宝島社)など著書多数。
佐藤 誠
筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構 環境生理学教授
佐藤 誠 医学博士。新潟大学卒業後、同大学医学部第二内科、米国ウィスコンシン州立大学、上越教育大学保健管理センター所長などを経て、世界トップレベルの睡眠研究拠点の現機構へ。専門は呼吸生理学、睡眠医学など。

取材・文/オカモトノブコ 写真/鈴木 宏 モデル/津山祐子 グラフ/増田真一 図版/三弓素青

日経ヘルス2018年1月号掲載記事を再構成

この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります