あなたは太りやすい眠り方をしている?

 あなたの睡眠法は、太りやすいだろうか。下記は左藤さんによる睡眠チェックリスト。一つでも当てはまる場合は、正しい睡眠がとれておらず、それが原因で太りやすい可能性があるという。

□睡眠時間は足りているのに、朝起きたとき疲れがとれていないと感じる
□「ぐっすり眠って、すっきり起きた」経験があまりない
□しっかり眠ったつもりでも、昼間は眠くてたまらないことがある
□移動中の電車やバスの中では、ついうとうとすることが多い
□お酒を飲まないとなかなか眠れない

朝、すっきり目覚めて疲れが取れてる?

 次回は、「やせる睡眠法」のための寝室環境やNG習慣を紹介します。

 こちらへどうぞ ⇒ 「やせる睡眠法」のための寝室環境&寝る前のNG習慣

左藤桂子
佐藤桂子ヘルスプロモーション研究所 所長
左藤桂子 1982年、東京女子医科大学卒業。30年で3万人の肥満治療を行う。日本肥満学会、日本糖尿病学会、日本内科学会に所属。『肥満外来の女医が教える熟睡して痩せる「3・3・7」睡眠ダイエット』(SB新書)、『痩せる寝方』(だいわ文庫)など。

取材・文/白澤淳子(日経ヘルス編集部)イラスト/金子なぎさ

日経ヘルス2016年8月号掲載記事を再構成

この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります