肌の潤い成分・ヒアルロン酸やセラミドでぷるぷる肌に

 肌の潤いを保持する成分、ヒアルロン酸やセラミドは、加齢によって減る。乾燥肌や肌荒れが気になる人は、これらの成分をサプリなどで補っておくといい。ヒアルロン酸とセラミドは、食品でとったものが肌まで届くという報告があるからだ。また、とり続けることで、肌でヒアルロン酸やセラミドを作る力が高まり、肌の水分量やハリ、ツヤが高まることも確認されている。

ヒアルロン酸サプリは肌水分量を高める
ヒアルロン酸サプリは肌水分量を高める
37〜59歳の乾燥肌に悩む女性39人を2群に分け、ヒアルロン酸を1日120mgもしくは偽成分を6週間とってもらい、摂取3、6週間後、摂取終了2週間後に肌水分量を測定した。ヒアルロン酸群は、偽成分群に比べ摂取期間中、摂取終了後ともに肌水分量が増えていた。(データ:Aesthetic Dermatology;17,33-39,2007)

 この働きから、ヒアルロン酸で「肌の水分を保持し乾燥を緩和する」、セラミドで「肌のバリア機能を高める」などと表示した機能性表示食品もある。下はサプリの一例だ。

肌水分量を高めてハリ・ツヤアップ【ヒアルロン酸】

 吸収や体内動態についてはまだまだ未解明の部分も多いヒアルロン酸だが、サプリメントなどでとることで、ヒアルロン酸をつくる酵素が増え、肌の水分量やキメ、ハリやツヤが改善することが確認されている。

ディアナチュラ ヒアルロン酸
ディアナチュラ ヒアルロン酸
1日目安量2粒にヒアルロン酸60mg、コラーゲン、セラミドなどを配合。60粒、1200円(税別)。問/アサヒグループ食品
幟立真理(のぼりたて まり)
アビサル・ジャパン代表取締役
幟立真理(のぼりたて まり) 米国の化粧品原料会社に在籍していたときに砂糖の保湿効果に着目。砂糖を使ったコスメの開発に着手し、2004年アビサル・ジャパンを設立。日本の砂糖スキンケアの第一人者。現在、砂糖を配合したヘルス(災害&介護)スキンケア製品の研究開発を行っている。

取材・文/中島夕子 写真/鈴木希代江 モデル/松嶋恵里

日経ヘルス2016年4月号掲載記事を再構成

この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります