朝2分で湯上り肌になるタオルスチーム

 毎朝の「お目覚め習慣」にしたいのが、洗顔代わりに行う「タオルスチーム」。「温めて血行を促して」から、「古い角質を拭いて除去」し、「リンパを流して循環アップ」という透明肌に欠かせないケアがたった2分で手軽にできる。

 タオルを温め直して目元や首すじに当てればクマや目の疲れ、肩こりも解消! 朝に気になる顔のむくみもスッキリ。湯上がりのような血色のいい肌で1日をスタートできる。「続けると、肌の不調も起こりにくくなる」(山本さん)。肌がしっとりしているうちに保湿するとキメも整い、いっそう白いツヤ肌に。

血流&リンパの流れをアップするタオルスチーム法

顔全体を温める(2回)
 スチームタオルで顔を覆い、20秒程度温める。その後再びスチームタオルを作り、もう一度顔を温める。

目・鼻・口まわりを拭う
 二つ折りにしたタオルの内側に手を入れ、目と鼻、口のまわりを軽く拭う。洗顔料を使わなくてもスッキリ。

耳のまわりを刺激する
 タオルを三角折りにして両端を耳に当て、耳をもんだり、上下に動かしたりして血流、リンパの流れを促す。

耳下から首すじへと流す
 耳の下から首すじへ向かってタオルでやさしくなで下ろす。リンパが流れて、顔のむくみも解消。

クマや目の疲れが気になるときにプラス!
スチームタオルを四つ折りにしてまぶたにのせて温めると目元も即イキイキ!

スチーム後はすぐに保湿を
 タオルスチーム後は、肌に水気が残っているうちに保湿ケアを。成分の浸透力が高まり、透明感がアップ。

タオルスチームのポイント
●タオルで2度蒸し!
顔全体を温めた後、タオルを温め直してもう1回。血行が良くなり、一気に肌の調子が上がる。

●洗顔料は不要
ベタつきが気になる人は1回目の温め後にも目・鼻・口まわりの拭き取りをプラスしよう。

 次回は、肌が明るくなる美白ケア方法をご紹介します。

山本浩未
ヘアメイクアップアーティスト
山本浩未 1964年広島県生まれ。今すぐ実践できるメイクテクニックと明快なメイク理論に定評がある。「スチームON顔」など誰もがきれいになれる方法を追求した美容オリジナルメソッド、の開発や講演にも力を注ぐ近著に「たるみはメイクでなくせます!」(小学館)。
KOBAKOスキンケアツール→
インスタグラム→

取材・文/やまきひろみ 写真/鈴木希代江 モデル/島村まみ

日経ヘルス2016年4月号掲載記事を再構成

この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります