スペシャルケア・3日間肌断食プログラム

 肌トラブルを解消するために、出来尾医師イチオシの方法がこれ。美肌菌を増やすためには、3日間は朝夜とも水洗顔のみ。菌のバランスが整った3日後からは、朝の水洗顔、夜のみ洗顔料の方法に切り替えよう。

 すぐに乾燥や肌荒れを改善したい人は美肌菌を一気に増やし、肌をリセット!

[3日間のルール]
●メイクもスキンケアもしない
●水洗顔だけを行う
●水で落ちるサンスクリーンを塗る


3日間はメイクもスキンケアもせず、朝晩の水洗顔だけ行う。日中の紫外線防止のために、水で落ちるサンスクリーンは用意しておこう。

【朝】水洗顔を行い→水で落ちるタイプのサンスクリーンを使う

【1】水だけで洗顔する。38℃くらいのぬるま湯でもOK。熱いお湯は皮脂を落としすぎるので避ける。
【2】日中の紫外線カットは必要。水で落ちるタイプのサンスクリーンを使い、塗ってから出かけよう。

【夜】水洗顔を行う

 夜も水洗顔のみ。洗った後の保湿ケアはせず、乾燥がひどいと感じるときのみ、化粧水やクリームをつける。

ケミカルピーリングは肌断食と同じ効果がある?
「医療機関で行うケミカルピーリングは、肌の菌を整える効果がある」と出来尾医師。角層の一部を一度に取り除くことで、肌と親和性の高い美肌菌だけが残るという。「ただしセルフピーリングは菌のバランスを乱す可能性があるのでお薦めしません」(出来尾医師)。
出来尾 格
ミルディス皮フ科(東京・横浜) 医師
出来尾 格 慶應義塾大学医学部卒業。皮膚科医。自身がアトピー性皮膚炎であることから皮膚常在菌に興味を持ち、研究を始めた同分野の第一人者。現在は診療の傍ら、皮膚細菌の研究に携わっている。

取材・文/清水すま子 写真/鈴木 宏 モデル/殿柿佳奈

日経ヘルス2016年3月号掲載記事を再構成

この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります