雑穀のきびで作った「きびぜんざい」そのもの(ライターK)
雑穀のきびで作った「きびぜんざい」そのもの(ライターK)

洋風食材が和風デザートに変身
クスクスのぜんざい

[1人分]198kcal・食物繊維2.4g

【材料(2人分)】
クスクス…50g
ヨーグルト…100g
ヨーグルトで戻したマンゴー(ドライマンゴーを2倍の重さのプレーンヨーグルトで冷蔵庫で8時間戻したもの)…適量
粒あん…適量

【作り方】
ヨーグルトで戻したクスクスを容器に盛り付け、粒あんとヨーグルトで戻したマンゴーをのせる。

■クスクス+ヨーグルトの効果
世界最小のパスタと言われる粒状のクスクス。加熱後に乾燥させたもので、火を通さずに食べられるパスタでもある。ヨーグルトで戻すだけでプチプチッとした食感が楽しめる。腹持ちがいいのが特徴。

クスクスの戻し方
蓋つきの容器に、クスクスとプレーンヨーグルトを入れる。全体をよくかき混ぜてから蓋をし、冷蔵庫に8時間ほど入れて戻す。(写真はクスクス50g、ヨーグルト100g)。

ほかにもこんな料理に→サラダに混ぜたり、ドライフルーツとともに朝食に。

サカイ優佳子(右)、田平恵美(左)
DRY and PEACE
サカイ優佳子(右)、田平恵美(左) 食品ロス削減、省エネ、もしもの備えにもなる乾物を未来食と捉え、2011年より、現代のライフスタイルに合わせた乾物の活用法を研究発信している。著書に『毎日食べたい乾物ヨーグルト決定版』(世界文化社)、『乾物マジックレシピ』(山と渓谷社)など。ホームページ http://dryandpeace.com 最新情報はFacebookで更新 https://www.facebook.com/dryandpeace/
岸村康代
管理栄養士
岸村康代 10kg、20kgの減量指導経験や野菜ソムリエ上級プロの資格を活かし、TV、雑誌など多方面で活躍。著書に『落とした脂肪は合計10トン!伝説のダイエットアドバイザーが教える最強のやせ方』(東洋経済新報社)。

取材・文/茅島奈緒深 写真/福岡 拓 レシピ考案・料理/サカイ優佳子、田平恵美(DRY and PEACE) 構成/羽田 光(日経DUAL編集部)

日経ヘルス2016年6月号掲載記事を再構成

この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります