「乾物+ヨーグルト」がいい3つの理由

栄養価がアップ
ヨーグルトで切り干し大根を戻した場合、水で戻したものに比べてカルシウムや、水溶性のカリウムやビタミンCなどの栄養価が大幅に上がった。

データ:DRY and PEACEの依頼により日本食品分析センターが分析した結果
データ:DRY and PEACEの依頼により日本食品分析センターが分析した結果

乾物の味わいがアップ
水で戻すと失われやすい食感と味が、ヨーグルトなら残る。乾物にヨーグルトのニオイは残ることはなく、食材本来のおいしさが増す。

「腸活」に最強
「ヨーグルトの乳酸菌と乾物の食物繊維は、腸の働きを活発にするベストな組み合わせ」(岸村さん)。頑固な便秘も解消する!

■2週間の実験で体重が最大3.3kg減!
岸村さんが代表を務める「一般社団法人 大人のダイエット研究所」が、30〜50代の女性17人を対象に、2週間毎日、ヨーグルト300g分の乾物ヨーグルト(ヨーグルトのみの摂取も含む)を食べる実験を実施。13人が体重が減少し、最大で3.3kg減。体脂肪は、減少した14人の最大が2.7%減。腹囲は減少した11人の最大が5.9cmだった。

 次回は、乾物ヨーグルトを活用したサラダレシピを紹介します。

 こちらへどうぞ ⇒ 乾物ヨーグルトで始めるダイエット おすすめサラダ4選

サカイ優佳子(右)、田平恵美(左)
DRY and PEACE
サカイ優佳子(右)、田平恵美(左) 食品ロス削減、省エネ、もしもの備えにもなる乾物を未来食と捉え、2011年より、現代のライフスタイルに合わせた乾物の活用法を研究発信している。著書に『毎日食べたい乾物ヨーグルト決定版』(世界文化社)、『乾物マジックレシピ』(山と渓谷社)など。ホームページ http://dryandpeace.com 最新情報はFacebookで更新 https://www.facebook.com/dryandpeace/
岸村康代
管理栄養士
岸村康代 10kg、20kgの減量指導経験や野菜ソムリエ上級プロの資格を活かし、TV、雑誌など多方面で活躍。著書に『落とした脂肪は合計10トン!伝説のダイエットアドバイザーが教える最強のやせ方』(東洋経済新報社)。

取材・文/茅島奈緒深 写真/福岡 拓 構成/羽田 光(日経DUAL編集部)

日経ヘルス2016年6月号掲載記事を再構成

この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります