電子レンジ5分でOK! 自家製ドライフルーツ

 ドライフルーツは、家でも簡単に作れる。天日干し、オーブンでもいいが、最も手軽なのはレンジだ。キウイやバナナを3mmほどの厚さに切った場合は、5分程度で完成した。レンジにかける時間は素材によって調整をしよう。

電子レンジで作る自家製ドライフルーツ

【作り方】
1. キウイやリンゴ、バナナなどのフルーツを切ってクッキングペーパーに並べる。
2. 1分レンジ(500W)にかける。
3. 新しいクッキングペーパーに裏返して並べ、1分レンジにかける。
4. 3を繰り返す。シートに水分がつかなくなったら、出来上がり。

ひと晩ヨーグルトに漬けると「でるでるパワー」がアップ

ドライフルーツをヨーグルトにひと晩漬ける

 ヨーグルトを合わせるだけで、「ヨーグルトの菌+食物繊維」の最強「でるでるメニュー」に。ドライフルーツをヨーグルトに入れてひと晩おくと、凝縮された味わいはそのままに、ふっくらしっとりなめらかになる。ヨーグルトは水分が抜け、クリーミーに。

森田達也
静岡大学農学部応用生命科学科教授・日本食物繊維学会 副理事長
森田達也 食品成分と腸が相互作用するメカニズムなどの研究を行う。「ドライフルーツは食物繊維が凝縮された食品だが、フリーズドライだともっと凝縮される。そちらもお薦め」。
齊藤早苗
看護師、コロンハイドロセラピスト
齊藤早苗 米国で腸内洗浄のライセンスを取得。対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座でコロンハイドロセラピー(医療機関での腸内洗浄)を行う。著書に電子書籍『腸をキレイにする 腸からやせる』(日経BP社)など。

取材・文/中野恵子 撮影/鈴木正美

日経ヘルス2016年3月号掲載記事を再構成

この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります