朝1分 お湯を注ぐだけの育菌みそスープ

いい油もとれてお通じスルスル
アボカド育菌みそスープ

 「森のバター」「食べる美容液」といわれるほど栄養価の高いアボカド。「スムーズなお通じに欠かせない食物繊維と、良質な油のオレイン酸が豊富に含まれている」(関さん)。

[1杯分]287kcal・塩分1.5g・食物繊維8.4g

【材料(1杯分)】
アボカド…1/2個
焼き海苔…適量
味噌…12g(小さじ2)

【作り方】
1. アボカドの皮をむき、一口大に切る。海苔は手でちぎる。
2. 1と味噌を耐熱のカップに入れ、熱湯160mlを注ぐ。

夜5分 煮込む具だくさん育菌みそスープ

いろんな善玉菌を「餌付け」!
エノキとアオサの育菌みそスープ

 「いろんな食材を食べるということは、いろんな種類の善玉菌に餌を与えることになります」(齊藤さん)。エノキダケをシメジやマイタケ、キャベツをハクサイに代えてもOKだ。

[1杯分]25kcal・塩分1.2g・食物繊維1.3g

【材料(2杯分)】
エノキダケ…10g
キャベツ…50g
味噌…18g(小さじ3)
アオサ(乾燥)…ひとつまみ(1.5g)

【作り方】
1. エノキダケは小分けにして、長さ1.5cmに切る。キャベツは小さめのざく切りにする。
2. 鍋に1と水320mlを入れ、火にかける。キャベツが軟らかくなってきたら味噌を溶きいれる。沸騰する手前で火を止めて、最後にアオサを入れる。

 次回は、ドクター直伝のみそスープレシピをご紹介します。

関 由佳
予防内科医、味噌ソムリエ、野菜ソムリエ、メディカルフード研究家
関 由佳 専門は予防医学と栄養療法。2013年にニューヨークへ料理留学した経験を生かしてメディカルフード研究家としても活躍。みそソムリエの資格も持つ。現在は岡山大学大学院で腸内環境と発酵豆の研究をしながら、オンラインの味噌汁ファスティングプログラムの監修医師を担当。著書に『みるみる痩せる! 味噌汁ダイエット』(宝島社)、『腸と胃を整える食べるくすり やさい麹』(アスコム)、『毎日食べたい!腸活みそレシピ』(海竜社)など。
齊藤早苗
看護師、コロンハイドロセラピスト
齊藤早苗 米国で腸内洗浄のライセンスを取得。対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座でコロンハイドロセラピー(医療機関での腸内洗浄)を行う。著書に電子書籍『腸をキレイにする 腸からやせる』(日経BP社)など。

取材・文/茅島奈緒深 写真/野口健志、スタジオキャスパー

日経ヘルス2016年3月号掲載記事を再構成

この記事は雑誌記事掲載時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります